MENU

健診看護師の仕事と一般看護師の仕事の違いは

健診,看護師,仕事

私の周囲には看護師の方が多くいますが、その看護師の中で最近注目されている仕事があります。

 

それが健診看護師のお仕事です、私から見れば一般の病院の看護師と検診看護師の仕事は同じように見えますが、実はかなり違いがあります。

 

一般の病院の看護師の仕事もやりがいがあるのですが、それでも健診看護師で働きたいと考えている方は増えてきています。一番の理由は普通の病院勤務ではあまり経験できない業務をやりたいというのが最近では多いみたいです。

 

 

では、実際に健診看護師のお仕事とはどんな内容なのか健診看護師として働く知人に聞いてみました。

 

健診看護師の職場は健診を行う場所、つまり健診センターなどの健診を専門的に行う場所です、そこでは一般の病院の業務みたいに患者さんの世話をするということはなく、様々な検査を行うことが業務となっております。

 

具体的には健診で行う採血業務や心電図、血圧測定などの検査業務が主なお仕事です。

 

健診の目的は病気を早い段階で発見して治療したり、または大病にかからないように健診の結果からアドバイスをして病気を防ぐことが目的です。ですから健診看護師は予防の観点からアドバイスをすることもありますので予防面での専門的な知識が求められる職場でもあります。

 

一般的な病院が治療をメインにしているのに対して健診センターは予防面がとても大事になってくる職場です。その違いが一番大きな違いになっているみたいです。

 

そして勤務体系も大きな特徴があります。一般的な病院なら夜勤などもあると思いますが、健診看護師の多くは日勤のみの環境という職場が多いです、この面に魅力を感じて応募する人も多いみたいですね。

 

もちろん普通の病院とは求められている物は違うかもしれませんが、健診看護師も責任が大きいお仕事です、もし働いてみたいと考えている方は様々な情報を得て本当に自分に合っているのか判断すると良いと思います。

 

健診看護師の仕事に興味のある方は