MENU

健診看護師の使命と日常業務

現在健診センターで看護師として勤務しています。

 

私たち健診看護師の業務は、健診の受付から始まります。

 

健診に来る方々は、健診を受ける時に緊張している場合が多いので、受付の際には笑顔を絶やさないように心がけています。

 

私が勤務する健診センターは、多い時には1日に100人以上の方が健診に来ます。

 

どうしても忙しさで対応が雑になりがちですが、健診に来る方々が気持ち良く安心して健診が受けられるように努めています。

 

健診は基本的な流れとして、採血と血圧の測定、視力と聴力の検査、そして身体測定という順番で行います。

 

その中でも看護師の力量が問われるのは、やはり採血です。

 

健診に来る方が多い時には、スピードと正確性の両方が求められるからです。

 

特に春先の繁忙期になると、1日に多くの健診を行いますので健診看護師のとっては非常に忙しい時期でもあります。

 

そのため、いつも以上に多くの方々の採血をするため、スピードと正確性という両方の力量が問われることになるのです。

 

健診看護師の使命は、ただ単純に健診を行うだけではありません。

 

定期的に健診を受けてもらえるように努力することが使命だと思っています。

 

健診看護師は忙しいこともありますが、とてもやりがいのある仕事です。

 

健診看護師バイトに強い看護師求人サイト

健診センターの看護師の仕事

健診センターといえば一般の方が、健康診断を受けることが出来る施設ですね!
健診センターで働く看護師の仕事も健康診断を行う項目だと言えます。

 

ところで、健診、検診と言われていますが、健康診断の健診、検診の違いは何でしょうか?
健診=定期的、一般的な健康診断、会社、学校などで受ける健康診断もこれに当たります。(採血、身体測定、視力、聴力、尿検査、心電図、問診など)
検診=特定の箇所、病気の検診、胃がん、大腸がん、乳がんや胃の検査など気になる箇所をの病気などを特定するための検診

 

健診、検診と言われますが、どちらも健康維持のための病気の早期発見や予防のための健康診断です。
このような健康診断を受けることが出来る医療施設の1つに健診センターがあります。

 

健診センターの看護師の仕事は、上記の健康診断の項目を行う仕事がほとんどになります。
看護師としての仕事としては、基本的な業務ですので、難しい知識などのはあまり必要は少ないと言えますが、1日の受診者さん数は多く、担当する項目をスムーズに行う事やコミュニケーション能力なども必要になります。

 

採血、身体測定、血圧、肺活量、視力、聴力、眼底測定、尿検査、心電図、各種のがん検診などが一般的な健診項目だと言えます。
健診センターでは、検診車のよる訪問健診、献血ルーム、献血車による献血、採血などもあることが多いですね!

 

健診センターの看護師の仕事は、先ほども書きましたが、1日の人数が多く、健康診断シーズンでは、1日に100人以上を担当することも当たり前です。
同じ作業を延々とこなすことは、意外に大変だと言えます。
病院看護師とは違い急病人や重病人の患者などは来ませんし、看護師としてのスキルや知識、経験もそれほど必要ではない職場ですが、採血を1日、100人などをすることもあります。同じ作業を1日することが出来る方には向いている職場だと言えますが、看護師としての遣り甲斐などを求める方には、健診センターや健診の看護師の仕事は物足りないと思われる方も居ると思います。

 

また、健診センターの看護師の仕事は、夜勤や残業などもほとんどなく、看護師としての収入面でも夜勤がない為、少なくなります。
健診センタイー、健康診断の看護師の仕事に魅力を感じられる方も多く、希望者も多いのが現状です。
健診センターの仕事、健康診断の現場に興味のある方は、是非、健診看護師の求人紹介に強い看護師求人サイトを詳細をお聞きください。

 

健診看護師バイトに強い看護師求人サイト