MENU

健診看護師としての仕事とスキルアップ

一般の看護と違い、健診看護といえば同じ作業の繰り返しになります。例えば採血を考えて下さい。この場合ですと、一般的な看護技術はあまり求められませんが、こと採血に限っては、出来なければお話になりません。

 

また、この仕事は暇であれば時間を持て余し、忙しければ単調な作業を滞ることなく次々とこなせる集中力が必要となりますので、何らかの仕事に付くまでの繋ぎとしては良いのかもしれませんが、長期として考えた場合ですと、潰しがきかない仕事となります。

 

理由は、採血だけが巧くなっても使いどころが限られているからで、一般病院などでさえ、健診看護しか経験がないようですと、まずやっていくことは難しいでしょう。

 

但し、先に記しておりますように、ことこれだけに限った場合ですと、暇なので取り敢えず居るだけで良い。といったことも多々ありますので、そういった形態を好まれるかたにとりましては、とても良い仕事となります。

 

これは、その後に全く違った職種に就かれる場合ですと、ことさらで、看護以外の業種のかたは、看護全般と健診看護を区別しませんし、そもそもが健診看護のことを知らないかたが多いので、履歴書のステップアップとしては良いと思われます。但し、ステップアップだけを目的とされると、その後の仕事で苦労をされることとなりますので、注意が必要です。

 

健診看護師バイトに強い看護師求人サイト

 

健診看護師に求められるスキル

健診、検診の現場で働く看護師さんのことを健診看護師と呼ぶと思いますが、健診看護師の主な仕事と、求められるスキルはどのような事でしょうか?

 

まず、健診看護師の職場といえば、健診センターや訪問健診、検診車で出張して健康診断を行う場合などがあります。
どちらの現場、職場でも行われる健診の項目はほとんど変わりません。健診センターの方が、検診の項目、特定の箇所の検診が増えることくらいでしょうか?

 

では、健診看護師に求められるスキルとはどのような事でしょうか?
健診看護師として求められるスキルの1つに採血が挙げられます。採血のスキル、苦手意識のない看護師さんは、健診看護師として働く安いと言えます。
1日に担当する受診者さんの数は、採血でも数十人、100人を超えることもあります。また、採血は、健康診断の項目の中でも時間を要する項目で、採血にももたつくと採血に行列が出来ることもあります。

 

採血のスキルが苦手な看護師さんは、健診看護師には不向きだと言われています。採血スキルは、健診看護師としては必要だと言えます。

 

また、健康診断に訪れる受診者さんは、健康な方がほとんどで、病院のように患者さんではなくお客さんという扱いになりますので、病院看護師よりもコミュニケーション能力が求められる職場だとも言えます。

 

健診看護師のスキルとしては、採血スキル、採血に苦手意識がない方、それとコミュニケーション能力のある方には向いている職場だと言えるのではないでしょうか?